意外と知らない焼肉の正しい焼き方!たった4つの基本でより美味しくなる!

焼肉は焼き方次第で本来の味の120%引き出すことができます。

 

例えば焼肉屋で同じ値段を出すなら、美味しい焼肉と普通の焼肉だったらどちらがいいですか?

 

当然前者ですよね。

 

しかし実はほとんどの人が、この美味しい焼肉は食べられません。同じ値段なのに焼き方を知らないだけで普通の焼肉なんです。

 

なんだか損した気持ちになりませんか?

 

そこで今回は美味しい焼肉の焼き方をご紹介していきたいと思います。

焼肉の焼き方~4つの基本を守れば美味しくなる~

焼肉にはロースやホルモン、タンなど、いろんな部位がありますが、今回は基本的な4つの焼き方を見ていきたいと思います。

基本その①~網もしくは鉄板は熱くなってから焼くべし!

焼いてる肉

焼肉を網もしくは鉄板にのせたときにジュ~~っという音がしない場合、すぐやり直してください。

 

必ず熱くなったことを確認して焼くように!っというのも網や鉄板が熱くないと肉がくっついてしまいます。肉がくっつくと大事な肉汁が逃げてしまいますので要注意!

 

早く食べたい気持ちを抑えてここはじっくり熱くなるまで待ちましょう!

基本その②~味の薄いものから味の濃いものへ順番に焼くべし!

味の薄いタン塩

たまに注文が来た順に適当に焼いてしまう方がいらっしゃいますが、これは絶対にNGですから気をつけてください。

 

例えば、味の濃いものを先に焼いてしまうと鉄板に残ったタレがさっぱり系を台無しにしてしまいます。

 

正しい順番は塩タン(さっぱり系)~カルビ(少し濃い系)~もつ(濃い系)という順番で焼いていくのがベストでしょう!

基本その③~肉は一枚づつ焼くべし!

一枚づつ焼いてる肉

焼肉と言えばあれもこれものせて焼けたものから食べていくというのが普通レベル。

 

しかし一度にたくさんのせてしまうと温度が下がってしまい美味しく食べることができません。しかも食べながら次の肉の焼け具合を気にしていては味わって食べることができないという一番肝心な部分が欠けてしまいます。

 

美味しく焼くのはもちろん美味しく食べるというのも忘れてはいけない!

基本その④~ひっくり返すのは一度までにするべし!

ひっくり返す瞬間の焼き肉

焼肉の焼き過ぎは旨みを逃がしてしまうので絶対に禁物!

旨みを逃がさない焼き方

■NGな焼き方
片面A⇒片面B⇒片面A⇒片面B

 

■理想な焼き方
片面A焦げ目がつくまで⇒片面B炙る程度

これで肉の旨みが濃縮され、さらに柔らかい肉を堪能できます。

まとめ

・網もしくは鉄板は熱くなってから焼く


・味の薄いものから味の濃いものという順番を守る


・肉は一枚づつ焼く


・ひっくり返すのは一度まで(片面はさっと炙る程度)


焼肉のルールなんて面倒だと思うかもしれませんが、見ての通り特に面倒なことはしていません。

 

いつもの食べ方を少し変えるだけで普通の焼肉から美味しい焼肉に変わるのですから同じ値段なら覚えておいたほうがお得ですよ!

 焼肉屋さんの肉は保存がしっかりしているので大丈夫ですが、イベントなど外で焼肉するときはしっかり焼いて食中毒にならないように気をつけてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう