一般的なショートケーキのカロリーは種類にもよりますが、だいたい300kcalとされています。

 

では、この300kcalですが、消費するには相当の運動が必要になりますよね。やれ、ウォーキングだの、やれジョギングだの…思いのほかケーキ一個で大変な思いをしてしまいます。

 

しかし!今回のテーマはケーキ1個分を"楽しく"消費する方法!しかも最短で30分!はたしてその方法とは…?

カロリー消費の種類は3つある

カロリーを消費するには主に3つの消費方法があり、自然と消費するもの、物理的に消費するもの、食べて消費するものがあります。ではもう少し詳しく見ていきましょう。

基礎代謝

これが自然と消費するものです。息をしたり、寝たりするにもエネルギーが必要になりますよね。これを基礎代謝といいます。※カロリーの半分以上(60~70%)がこの基礎代謝で消費されている。

生活活動代謝

日常生活の中で消費されるカロリーを生活活動代謝と言いい、物理的に消費するものになります。学校での部活であったり、肉体労働をしている人は代謝がよく消費カロリーも高いですが、運動の少ない生活をしている人は代謝が悪く消費カロリーが低くなります。

食事誘発性熱代謝

食後は体温が上り暑くなったりしませんか?それを食事誘発性熱代謝といい食べて消費するものになります。食べてるのに消費してるなんて不思議ですね。

ケーキ1個分(300kcal)のカロリーを消費する通常運動(300kcal)

では次は意識的に運動してカロリーを消費するにはどのような運動をどれぐらいしなければいけないのかを見ていきましょう!

60kg前後の人が300kcal消費する運動例

散歩 90分
体操 90分
ウォーキング(早) 75分
自転車 60分
ジョギング 30分

 

一番早く消費するのはジョギングですが、なかなか続く人はいません。しかもたった1個のケーキで30分も走るのは大変ですよね。

 

ウォーキングでは75分もかかってしまうので毎日続けていくのは根気がいります。

※女性の場合は男性より体重が軽いため、さらに+10分程度運動しなければいけない。

楽しくケーキ1個分(300kcal)のカロリーを消費するには?

ダイエットと思うから辛い!ならば楽しくダイエットすればどうでしょう?

 

趣味の一つとして遊びながら楽しみながらダイエットできれば一石二鳥ではないでしょうか?

スポーツや遊びの中で気がついたら痩せていた!っという、この「気がついたら」がポイント!

 

ダイエットを意識しないカロリー消費方法とは?

60kg前後の人が"楽しく"300kcal消費する運動例

ボーリング 130分
釣り 130分
サーフィン 130分
卓球 90分
ゴルフ 70分
バドミントン 70分
野球 60分
バスケット 50分
サッカー 40分
テニス 40分
スキー 40分
水泳 30分

 

驚きなのが釣りでもカロリーを消費できるということ。バスケットやサッカー水泳などは運動量が多いため短時間でカロリーを消費できるといった感じです。

 

卓球、ゴルフ、バドミントンあたりでしたらスポッチャで楽しくダイエットできそうですね。

 

歩いたり走ったりするより、運動する趣味を見つけたほうが継続率もアップするでしょうし、自分が楽しいと思える趣味だと辛いダイエットも楽しいダイエットになるのではないでしょうか?

※女性の場合は男性より体重が軽いため、さらに+10分程度運動しなければいけない。

まとめ

カロリー消費の種類

 

・基礎代謝
・生活活動代謝
・食事誘発性熱代謝

 

この3種類。

ケーキ1個分を最も早く消費させるには?

60kg前後の人が300kcalを消費するには「30分ジョギング」しなければならない。

 

ケーキ1個分を最も早く楽しく消費させるには?
60kg前後の人が300kcalを楽しく消費するには30分水泳」する。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう