二日酔いに効く12の食べ物とは?二日酔いをスッキリさせる方法

ついつい楽しくて飲み過ぎてしまう「お酒」

 

その代償としてやってくるのが…そう"二日酔い"です。

 

お酒を飲む人にとっては、だれもが経験あると思いますが、辛いですよね…やってしまった~っと叫んでしまいたくなるものです。

 

そこで、今回は飲み過ぎたあなたに二日酔いの症状を和らげてくれる12の食べ物をご紹介します。

 

辛い二日酔いをスッキリさせてくれる食べ物とは…?

二日酔いを治すためには何が必要?

二日酔いになる理由は以下の通り。

 

・脱水症状

・低血糖

・肝機能

 

こちらの三点を補わないといけません。

 

そして肝心なのは肝機能。アルコール分解速度をあげるには、飲み物もよりも、食べ物が効果的!

ではどういった食べ物が肝機能を向上してくれるのか?二日酔いに効果的な食べ物を見ていきましょう!

二日酔いに効く12の食べ物とは?

以下の食べ物で二日酔いを撃破しましょう!

シジミの味噌汁

シジミには二日酔い防止に効く「オルニチン」という成分が豊富に含まれており、肝機能を高める効果があります。

 

また、味噌に含まれる「コリン」という成分は、肝臓のアルコールが脂肪になるのを防ぎます。

大根おろし

大根には消化酸素が豊富に含まれており、消化をサポートしてくれます。

 

胃もたれ吐き気が改善されるということで、二日酔いにはもってこいの食べ物です。

梅干し

梅干しには、お酒の飲み過ぎで荒れた胃腸の粘膜を保護してくれます。

 

またお酒は酸性のため、二日酔い時の体内は酸性となっています。そこでアルカリ性である梅干しを食べることで傾いた酸性の体を弱アルカリ性にして、二日酔いを回復してくれます。

蜂蜜

蜂蜜は二日酔いの頭痛を緩和に優れています。

 

これは果糖の働きでアセトアルデヒドが分解されるためです。ちなみにアメリカの全米頭痛財団が発表したもので信憑性はかなり高い。

納豆

納豆のネバネバは胃を守ってくれる働きがあります。

 

また納豆のビタミンB2は肝臓を助ける効果があり、アルコールの分解を促進してくれます。

二日酔いの朝食には納豆がおすすめ!

柿には果糖が多く含まれており、肝臓の代謝機能を高めてくれます。飲む前に食べても効果的!

にんにく

にんにくにはアルコールを分解してくれるビタミンB1が豊富に含まれています。

 

また、にんにくの成分であるアリシンやメチオニンは肝機能を向上させ毒素を排出してくれる働きがあり、飲む前に食べればさらに効果があります。

たまごの卵黄にはシステインという成分があり、これは二日酔いを引き起こすアセトアルデヒドの分解を促す作用があります。

 

また白身のタンパク質は肝機能を向上してくれるので、二日酔いには非常にいい食べ物です。

アロエヨーグルト

アロエは肝機能の回復してくれます。

 

またアロエにはアルコールの分解に必要な成分(ミネラル、アミノ酸、ビタミン)などが豊富に含まれており、肝臓の代謝を促進してくれます。

トマト

トマトに含まれるアミノ酸がアルコールを分解してくれます。

 

トマトに塩をつけて食べると塩分補給にもなりますよ!

バナナ

フルーツにはカリウムが含まれるものが多く、その中でもバナナは抜群に多いとされています。

 

アルコールは利尿作用が働くため、体に必要なビタミンや、カリウムが大量に排出されてしまいます。そこで失ったビタミン、カリウムを補給するためにもバナナは二日酔いにいいとされています。

カレー

なんとなく二日酔いに食べたくなるのがカレーですね。

 

カレーの香辛料であるターメリックですが、実はウコンのことで、あのウコンドリンクと同じ成分になります。ウコンは二日酔いの原因であるアセトアルデヒドを分解する能力があり二日酔いにはとても最適です!

二日酔いに効く飲み物とは?

ついでに二日酔いに効く飲み物もご紹介しておきます。

コーヒー

二日酔いの時って頭痛がひどいですよね?そんなときはコーヒーのカフェインの力をかりましょう!

 

カフェインは血管を拡張させ頭痛を和らげてくれます。

スポーツドリンク

アルコールの分解には糖分も必要になります。

 

スポーツドリンク(ポカリやアクエリアス)は水分と糖分を同時に補給することができ脱水症状にも効果的です。

果実ジュース

二日酔いにはフレッシュ果実のジュースが効果的です。

 

脱水症状や低血糖症を原因とする二日酔いには最適。ちなみに二日酔いに効く果実がこちら

オレンジ トマト バナナ

二日酔いを予防する食べ物とは?

そもそも二日酔いにならないようにするためにはどうしたらいいのか?っということで、こちらは二日酔いの予防になる食べ物をご紹介します。飲む前に食べておくと二日酔いになりにくくなります。

ヨーグルト

だいたい30分前には食べておきましょう!

 

アルコール吸収が阻害され、血中アルコール濃度が上がりにくくなります。

納豆

納豆に含まれるネバネバはアルコール吸収を阻害する効果があります。

 

また胃の粘膜を保護する役割もあります。

ウコン

こちらは有名ですね。市販で売られているウコンドリンクです。

 

二日酔いを回避するため飲む前は一本飲んでおいたほうがいいかもしれないですね。

肉、魚、枝豆などのタンパク質

アルコールを分解するにはタンパク質が必要になります。

 

飲む前はタンパク質を摂り悪酔いするのを防ぎましょう!

まとめ

楽しい席ではついつい盛り上がって飲み過ぎてしまうお酒ですが、二日酔いは後悔の嵐…。

 

せっかくの楽しい思い出を二日酔いで台無しにしないためにも、しっかり予防し、すっきり目覚める!

これが一番ですね。

 

飲み過ぎは注意ですよ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう