レシピには必ずといっていいほど「大さじ」「小さじ」という言葉が出てきますよね。

 

普段料理しない人だと、大さじ1、小さじってどれぐらい?って思いませんか?

そして家に計量スプーンがないこともあります。

 

さて、そんなときはどうしたらいいのか?っというのが今回のテーマ!

 

実は身近なもので、計量スプーンがなくても、大さじ1を量ることができます。

 

それが「ペットボトルの蓋(ふた)」

 

ではその量り方とは?見ていきましょう!

大さじ1・小さじ1の量って何ccなの?

大さじ・小さじスプーン

一般的な計量スプーンだと

 

大さじ1で「15cc」

小さじ1で「5cc」

 

大さじ1は小さじ1の3杯分ということです。

計量スプーンがなくても大丈夫!大さじ1は「ペットボトルの蓋(ふた)2杯分」

実際に15mlってどれぐらいなのか?あまりピンとこないですよね。

 

「あ~それぐらいか~!」というようなわかりやすい目安になるのが「ペットボトルの蓋」です。

ペットボトルの蓋拡大図

この部分をすりきり一杯で約7.5ccになります。つまり

 

ペットボトルの蓋2杯分で「大さじ1」

 

ペットボトルなら家にあると思いますし、計量スプーンがない時の代用として非常におすすめなアイテム!

 

ペットボトルの蓋で表すと、なんとなく大さじ1がどれぐらいかわかりますよね。

 

"大"っといってもペットボトルの蓋2杯分しかないんです。では次に小さじ1を見てみましょう。

計量スプーンがなくても大丈夫!小さじ1は「ティースプーン1杯分」

ティースプーン

ティースプーンというのはコーヒーをかき混ぜたりする、あの小さなスプーンのことです。

 

ティースプーン1杯は5ccなので

 

ティースプーン1杯で「小さじ1」

 

こちらも代用品として家庭によくあるものです。

しかしティースプーンは種類によっては大きさが異なるため、あくまで目安。

大さじ1を量る他の代用品ってあるの?

実はペットボトルの蓋以外にも代用できるものがあります。それがこれ

食卓の上のスプーン

「カレー用のスプーン」

シチューにも使われる大きめのスプーンです。特殊なものじゃなく一般的なものが好ましい。

 

これもペットボトルの蓋同様に15ccあるので大さじ1と同じ量になります。

 

注意点はティースプーン同様、種類によって大きさが異なるため、正確差は100%ではありません。
目安程度にお使いください。

まとめ

計量スプーンがなくてもペットボトルの蓋や、スプーンで代用することができます。

 

本日の記事をまとめると

①大さじ1=ペットボトルの蓋2杯分、もしくはカレースプーン1杯分

②小さじ1=ティースプーン1杯分

おまけ

●おたま1杯で約50CC おたま4杯で1カップ

●計量カップ30ccで大さじ2 90ccで大さじ6