カフェオレ、カフェラテ、カプチーノ、カフェモカの量の違い・作り方

お店で注文するとき、「カフェオレ」「カフェラテ」ってどう違うの?と思ったことありませんか?

 

味?それとも、香り?いやいや、名前が違うだけで基本的には同じ?

 

ということで、今回はカフェオレとカフェラテの違いについて簡単にまとめてみました。

また、カプチーノ、カフェモカの違いも一緒に見ていきましょう!

カフェオレとカフェラテの違うところは?

・カフェオレの「オレ」はフランス語で「牛乳」

 

・カフェラテの「ラテ」はイタリア語で「牛乳」

 

という意味でカフェオレもカフェラテも基本的には「コーヒーに牛乳を入れたもの」になります。

 

ではお互い何が違うのか見ていきましょう。

カフェオレ作り方

 

 

■作り方
ドリップ抽出する


■使う豆
浅煎りの豆(酸味があり苦みがあまりない)


■ミルクの量
5:5(コーヒー:温めたミルク)

カフェラテ

 

 

■作り方
エスプレッソ抽出する


■使う豆
深煎りの豆(酸味があまりなく苦みがある)


■ミルクの量
2:8(コーヒー:温めたミルク)

作り方(違い)

作り方を見ると「ドリップ抽出」と「エスプレッソ抽出」に違いがあります。

 

■カフェオレ~ドリップ抽出とは?
ペーパーフィルターにコーヒー粉を入れて、そこにお湯を注いで抽出。

 

■カフェラテ~エスプレッソ抽出とは?
エスプレッソマシンで圧力をかけお湯をコーヒーの粉の中に瞬間的に通し抽出。

使う豆(違い)

次に使う豆を見てみましょう。

 

■カフェオレ~浅煎りの豆
酸味があり苦みがあまりない

 

■カフェラテ~深煎りの豆
酸味があまりなく苦みがある

ミルク(違い)

最後にミルクの量も違いますね。

 

■カフェオレ~ミルク(フランス式)
ミルクを火にかけて温める

 

■カフェラテ~ミルク(イタリア式)
ミルクを蒸気で温める(スチームミルク)

ちなみにカフェラテのミルクは泡だてないように入れるのが基本。

カフェオレとカフェラテの「味」の違い

作り方や、コーヒー豆も違うっとなれば味も当然違います。

カフェオレは"マイルド"な感じで、エスプレッソは"コクと苦味"がある。

 

コーヒーにミルクを入れるというところまでは同じですが、その過程とミルクの量で味わいに違いが出るということですね。

 

では冒頭で書いたカプチーノ、カフェモカはどうなのか?その違いも見てみましょう。

カプチーノとカフェモカはどんなコーヒー?

「カプチーノ」「カフェモカ」はどちらもエスプレッソ抽出です。

カプチーノ


温めたミルク1:泡立てたミルク1:コーヒー1で泡立てる
(味はミルクが少ない分、大人な味わい)

カフェモカ


温めたミルク2:コーヒー8に加えてチョコレートシロップを混ぜる
(味はチョコレートシロップが加わることで甘い)

お店に行かなくてもカフェラテやカプチーノが家庭でも飲める!

カフェラテやカプチーノはエスプレッソマシーンで抽出するものですから、マシーンがないと作れません。

 

ふと、ほしいな~っと思ってもお店に行くのはダルい…家出たくない。ということありませんか?

 

っで調べてみたらエスプレッソマシーンは業務用と家庭用合わせて数百台ぐらいあるらしいんですが、その中からおすすめできそうなエスプレッソマシーンを少しだけご紹介しておきます。

デロンギ 全自動エスプレッソマシン マグニフィカ ESAM03110S

【出典元・amazon.co.jp】

全自動で一連の流れを行ってくれる(ミルクの抽出まで)人気の高いエスプレッソマシーンです。

 

抑えておきたいポイント!!

■味
コーヒー豆、コーヒー粉両方抽出できるので好みに合わせていつもと違う味わいを楽しめる。

 

■操作
大きめの調整つまみで抽出量を調整できるシンプル操作

 

■調節可能
粉量(無段階)
抽出湿度(4段階)
※ミルクの泡立ては手動。

 

■メンテナンス
使用前後にコーヒー経路を水で洗浄するためメンテナンスは簡単。また節電機能もり、コーヒー抽出後に自動でボイラーオフで電力消費を抑えてくれる。

デロンギ 全自動エスプレッソマシン マグニフィカ ESAM03110S

家庭で気軽にエスプレッソコーヒーが楽しめる。濃さはつまみで無段階操作可能。また自動洗浄でメンテナンスは簡単。

ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタアイ レッド SPM9635

【出典元・amazon.co.jp】

エスプレッソマシーンの中ではかなり「コスパがいい」!

Bluetooth機能を搭載し、5種類のカフェメニューが楽しめる仕様。

 

抑えておきたいポイント!!

■5種類のカフェメニュー
エスプレッソタイプコーヒー
カフェラテ
カプチーノ
ブラックコーヒー
ブラックコーヒー(マグサイズ)

 

■新時代の飲み方・楽しみ方がある
調整方法が少し特殊で専用の「ネスカフェアプリ」と連携。

アプリを使ってコーヒー、水、泡立ちを調整し自分好みのコーヒーを作ることができます。また、自分好みの調整をお気に入りに入れておけば、簡単に自分用のコーヒーが出来上がります。

 

■持ち運び可能
これ一台あれば家庭だけじゃなく持ち出して使用することも可能です。職場やピクニックへ持っていくのも自由!

ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタアイ SPM9635

お店で飲むようなカフェメニューをご家庭や職場で楽しめる。アプリと連携して味を調節する新時代のエスプレッソマシーン。

まとめ

カフェオレ、カフェラテ、カプチーノ、カフェモカの違いのまとめ表

 

各種 作り方 使う豆 ミルクの量(コーヒー:ミルク)
カフェオレ ドリップ 浅煎り 5:5
カフェラテ エスプレッソ 深煎り 2:8
カプチーノ エスプレッソ 深煎り 1:1:1(泡立てたミルク)
カフェモカ エスプレッソ 深煎り 2:8+チョコレートシロップ

 

それぞれ作り方や、分量も違うので味わいも違うということでした。

 

機会があればお店で飲み比べするのも楽しいかもしれないですよ♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう