中華料理屋で出てくるようなパラッパラのチャーハンってどうやって作ってるの?どうしてもベタ~っとなってしまう…っとお悩みのあなた!

 

本日はチャーハンが魔法のようにパラパラになる裏ワザをご紹介したいと思います!

 

ポイントは6つのコツ!

 

さて、そのコツとは?さっそく見ていきましょう!

普通のチャーハンの作り方

シンプルなチャーハンのレシピです。

 

基本的には普通の作り方でOKなので、後ほどパラパラにするコツをご紹介したいと思います。

 

レシピはご参考程度に

 

準備するもの

【材料】
ご飯 茶碗2杯分
1個
ベーコン小間切り お好み
ネギ微塵切り お好み
【調味料】
塩胡椒 少々
醤油 大さじ1
ゴマ油 少々
味の素 適量

作り方

①フライパンに溶き卵を入れて半熟になったらご飯を入れる。


②具材を入れてよくかき混ぜる。


③調味料を入れてかき混ぜる。


④最後にフライパンのふちに沿って醤油を回し入れて混ぜたら完成♪

普通のチャーハンの作り方ではパラパラにならない理由

普通に作るとフライパンに溶き卵を入れて半熟になったらご飯を投入する。

 

ですが実はこれ、業務用の火力が強いものでないとパラパラになりません。

 

パラパラのチャーハンができる仕組みはご飯粒の表面に卵の膜がつくことでパラパラになりますが、家庭の火力では難しいんです。これが家庭でパラパラのチャーハンが作れない理由。

 

じゃぁ家庭ではパラパラチャーハンは作れないのか?

 

いいえ、ある工夫をすると家庭でもパラパラのチャーハンを作ることができます。次を見ていきましょう。

パラパラチャーハンを作るための6つのコツ

さて、本題のパラパラチャーハンの作り方を説明していきます。

コツ1~具材を少なくする

食材には水分があり、その水分によってチャーハンがベチャベチャになってしまいます。具材は少なめにすることがコツ。

コツ2~卵を入れたらすぐご飯を入れる

フライパンに卵を入れて半熟にする前にご飯を入れてしまいます。そうすることでご飯の粒に卵の膜がつき、家庭用の火力が弱いキッチンでもパラパラになりやすくなります。

コツ3~卵を数回に分けて入れる

一度にすべての卵をフライパンに入れるのではなく、数回にわけることで全体的に卵をなじませることができ、パラパラに仕上げることができます。

コツ4~卵とご飯を炒める前に混ぜておく

そもそも先にご飯と混ぜておく!っという盲点のような大胆な方法もあります。これなら確実に失敗しません。

コツ5~炒めるときは平たく敷くイメージで

ご飯と卵を混ぜたら平たくフライパンに敷くように炒めていきます。パチパチという音がしたら軽く叩いて混ぜるという炒め方コツ。

コツ6~マヨネーズの力でパラパラに!

マヨネーズをご飯に混ぜて炒めることでパラパラになります。っというのもマヨネーズの中の卵黄と植物油がご飯を包み込みパラパラに仕上げることができます。さらにコクもでるというまさに一石二鳥の裏ワザ!

まとめ

これまでのコツを混ぜ合わせて最もパラパラに仕上げる方法を見ていきましょう。

 

①具材を少なくする(ベーコンのみなど)
②ご飯と卵を炒める前に混ぜておく
③マヨネーズも加える
④炒めるときはフライパンに平たく敷くようにし、叩きながら混ぜる
⑤完全にご飯と卵が混ざってから具材を入れて軽く炒めて完成

 

これがすべてのコツを組み合わせて作る最もパラパラになる調理法。

 

お店に出てくるようなパラパラチャーハンを作るには火力が足りない…っと諦めてはいけません!

 

工夫次第で、パラパラのおいしいチャーハンをご家庭でも作ることができるのでご参考ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう