世の中にはダイエット中でも食べれる低カロリーな食品がたくさんありますよね。

いわゆるダイエット食ですが、それとは逆に食べてはいけない食べ物も知っておくことは大事です!

 

ちょっとだけなら…っという油断がダイエット失敗の原因。

 

太りにくい食べ物を食べて太りやすい食べ物を食べない!これを徹底するだけで、過酷な運動をすることなく、ある程度の体重は落とせるはずです。

 

っということで今回はダイエット中に食べてはいけない8つの食べ物をまとめてみました。

 

それもダメなの?っと思うようなものも紛れ込んでいるので…ここから先は要チェック!

太ってしまう3つの成分とは?

まず太ってしまう食べ物の前にその成分とはなにか?を見ていきましょう。

こちらが太ってしまう主な成分。

 

・炭水化物

・脂質

・塩分(塩分を摂り過ぎると体の塩分濃度を一定にしようと代謝の循環や消化吸収が手抜きになり代謝が下がります。結果的に太りやすくなるということ)

 

では以上の三点が多く含まれているものとはなにか?太ってしまう食べ物を見ていきましょう!

太ってしまう8つの食べ物とは?※ダイエット中は要注意!

100%太ってしまう食べ物とその理由を見ていきましょう。ダイエット中の方は気をつけてください!

清涼飲料水

清涼飲料水

みなさんがよく飲むジュースですね。ジュースというと可愛く思うかもしれませんが、缶ジュースなどの栄養成分表を見たことありますか?そこに「果糖ブドウ糖液糖」と書いてあるものは太る水となります。つまり砂糖水ということですね。

 

さらに炭酸飲料にはご注意ください!こちらは砂糖の量が通常のジュースより多いという!また固形物より、液体のほう体に染み渡りやすく血糖値も上がりやすいとされています。ダイエット中は出来る限り清涼飲料水を控えるようにしましょう!

揚げ物類

かごに入った唐揚

揚げものと言えば、「油」を使用します。油には脂質が多く含まれているため太る原因の代表成分!

 

揚げもの全般は控えたほうがいいでしょう。

 

また小麦粉やパン粉の成分は糖質ですので脂質と糖質を同時に摂取することになります。どうしても揚げものを食べたいときは、「素揚げ」で食べるようにしましょう!

中華料理

パラパラのチャーハン

中華料理の代表として以下のようなものがあります

 

●ラーメン
●チャーハン
●から揚げ
●その他中華料理全般

 

もうおわかりですよね?中華料理は「炭水化物+脂質」さらにプラスして「塩分」が入ってきます。

太る要素の炭水化物と脂質に加えて塩分が加わるとさらに太りやすくなるという!

 

中華料理にはこういった成分が盛りだくさんなので要注意ですね!

お菓子類

ポテトチップス

代表的なものがポテトチップスや、せんべい、チョコレートなどですね。こちらは糖質が大量に含まれているので気をつけてください。

 

お菓子を食べて血糖値が上がると数時間後、空腹じゃないのに関わらず血糖値が下がるタイミングで猛烈な空腹感がやってきます。そうなると…我慢できずに食べてしまう可能性があります。空腹じゃないのにですよ。

 

つまりダイエットにはかなり不向きな食べ物としてあげられます。怖いですね…

菓子パン

甘そうな菓子パン

パクパク食べてしまう菓子パンですが、一個あたり、おおよそ400~500カロリーあります。だいたいカップラーメン一杯分ものカロリーをパクパク何個も食べると…どうなるかわかりますよね?

 

食べやすい上にカロリーは高い!っとなるとダイエット中には危険な食べ物ではないでしょうか。

 

さらに血糖値が急激に上がり、急激に下がると空腹状態になってしまい、またさらに食べてしまうという負のスパイラルが巻き起こります。ダイエット中には意外に恐ろしい菓子パン…気をつけましょう!

洋菓子

イチゴソースのチーズケーキ

ほぼほぼ、菓子パンと同じ成分となります。以下のような洋菓子には注意してください

 

スポンジケーキ類 ショートケーキ、ロールケーキ
バターケーキ類 パウンドケーキ、バターケーキ、チーズケーキ、バームクーヘン
シュ-菓子類 シュークリーム、エクレア
発酵菓子類 サバラン、デニッシュペーストリー
フィュタ-ジュ類 タルト、ミルフィーユ、アップルパイ
ワッフル類 ワッフル
デザート菓子 ンケーキ、クレープ、ゼリー、ムース

お酒類

シャンパンを注ぐ

アルコールで糖質が多いものとして、ビールやワイン、日本酒などがあります。液体だから大丈夫という油断は禁物ですよ!

 

ダイエット中は焼酎やウィスキー、ブランデーなど糖質ゼロのものがよいでしょう。

野菜ドレッシング

オリーブオイル

冒頭でお話した「それもダメなの?」っというものがこちらです。味けがないからといってダクダクかけるのはやめましょう!

 

ドレッシングの種類にもよりますが、ドレッシングの成分表を見て「脂質、炭水化物」が多いものは、いくら野菜でも太る原因になります。

 

せっかくヘルシーな野菜を食べているのにこれでは本末転倒。ドレッシングはノンオイルのものをおすすめします。

まとめ

あくまでダイエット中のNG食品としてご紹介しましたが、まったく食べてはいけないというわけではありません。

 

生きていく上で炭水化物も脂質も大事な栄養分ということもありますし、ダイエットで大事なのはストレスを溜めないこと!栄養バランスのいい食事!過剰な摂取をしないように心掛けましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう