料理を好きになるには料理が楽しいと思えるようになること!それには、何かきっかけが必要ですよね。

 

例えば自分で作った料理がすごく美味しかった。彼氏、彼女に作ってあげたらすごく喜んでくれたなどなど、理由はさまざまですが、なかなかそのきっかけがない!という方も少なくありません。

 

そこで今回は「料理好きになる15の方法」をご紹介していきたいと思います♪

 

この記事を読んでいただいた後に、これなら料理好きになりそう!というヒントを見つけてもらえればうれしく思います♪


スポンサーリンク

料理好きになるコツ

まず料理が嫌いな特徴をみていきましょう。

 

料理が嫌いな人の例

・料理のレシピ本に興味がない

 

・レシピ本の見方がわからない

 

・下ごしらえとか面倒そう

 

・味の違いがわからない、いわゆる味音痴

 

・料理の手間を考えると外食したほうがいいと思う

 

・料理できる環境がない(キッチンが狭いなど)

さて、これは一例ですが、嫌いな理由があれば、好きになるきっかけもないということになります。

 

きっかけがないのに料理が好きになるわけないですよね。テレビで面白いレシピが紹介されたら注目してみたり、美味しく作る方法を調べてみたりと、実際料理好きになるきっかけなんて人それぞれ。

 

何がきっかけで好きになったり嫌いになったりするかわかりません。言えることは"とりあえずやってみる"というのはあながち間違いではない。

 

ということで料理好きになるヒントとなるものを次の項目にまとめてみました。

あなたのきっかけを見つけてみてください♪

料理が好きになる15の方法

次の方法で料理が好きになるヒントを見つけましょう♪

①キッチンを綺麗にする

綺麗なキッチンと、汚いキッチン。どちらがやる気でるのかは一目瞭然。

 

誰も汚いキッチンで料理したくありませんよね。やる気が出るのは間違いなく綺麗なキッチンです!

 

すっきり整頓しておくことは料理好きになる最初の段階でとても大事なこと♪

②毎日献立を考えない

毎日毎日献立を考えるのって面倒ですよね。これが嫌で料理嫌いになる人もいるとか…

ならばまとめて考えておいたらいいんです!

 

例えば、今週はこの献立にしようと月曜日~日曜日まで決めておいたほうが、毎日考えるよりはるかに楽ちん♪

 

考えるだけなら空いた時間でも出来ますし、作り置きできる料理を組み込んでおくと調理の手間も省けて一石二鳥!

③最初は毎日作らなくてもいい

毎日作らなければいけないことはありません。長期的に続けていくためにも、最初は三日に一回、慣れてきたら二日に一回。という感じに徐々に慣れていけばいいんです♪

 

気分がいいとき、嬉しいことがあったときは作るというルールを自分で決めるのもいいかもしれませんね♪

④既に美味しく調合された調味料を使う

だしの素や、めんつゆといった、それ単体でも料理が美味しくなる調味料を使えば簡単です♪

 

そういった調味料を使ったアレンジレシピはたくさんありますし、なんでもすぐ手に入る時代ですから活用していきましょう!

⑤自分が好きなものを作る

当り前のことですが、自分が嫌いなものを作っても料理は楽しくありません。まずは自分が食べたいもの、食べてみたいものを作りましょう!

 

出来上がりのイメージもしやすいですよ♪

 

作らなければならないという義務感だけで料理をすると続きません。料理は楽しむことが大前提です♪

⑥レシピ本じゃなくレシピサイトを見る

最近ではスマホでチョロっと検索しただけで簡単で美味しく作れるレシピがわかります♪

昔のように分厚いレシピ本を見なくてもいいんです!

 

レンジでチンするだけや、ただ混ぜるだけといった裏ワザのようなレシピもたくさん出てくるので、そういったサイトを積極的に使っていきましょう!

 

こちらは当サイトで紹介したら裏ワザレシピのまとめです♪ご参考ください

⑦現代だからこそ便利な調理グッズを使う

料理の通販番組でよくやってるようなやつです。最近では便利なグッズがたくさんあるので、どんどん有効活用していきましょう♪

 

出来ないことが多いと、そのストレスで料理嫌いになってしまいます。

 

例えば野菜の千切りが面倒だったり、上手く切れなかったら、便利グッズを使えばいいんです♪

 

無理に包丁で切らなくても便利グッズは山ほどあるんですから!

⑧食材を宅配する

本当は食材選びも料理を楽しむ一つですが、忙しくて買物に行けない人は食材を宅配するサービスもあります。

 

これで買物にいく時間がないから料理できない、という言い訳ができないので強制的に料理をしなければいけない環境が出来上がるという♪

 

これも一つの手段ではないでしょうか。

⑨誰かのために作る

家族、恋人、友達、誰でもかまいません。作って喜んでくれる人がいるとモチベーションの維持にもなりますし、料理が好きになるきっかけにもなります♪

 

また人の感想を聞くことも料理上手になるコツ!

 

例えば男性なら濃い味、女性なら薄味のように人の好みに合わせて食材や調味料を調整できるようになればレパートリーも自然に増えていきますよ♪

⑩可愛い調理器具、食器を用意する

女性は可愛いもの好き!ということ料理へのやる気をアップさせます。

 

可愛い調理器具に、可愛い食器なら使ってみたいと思いますよね♪

 

可愛いだけの調理器具や食器なら100均で安く手に入りますし、ついつい使いたくなるというのも狙い。

 

また男性ならお洒落な調理器具や食器も効果あるかと。食器がよければ料理もおいしく感じますよ♪

⑪可愛いエプロンを買ってみる

可愛いエプロンでテンションをあげてみる♪

 

汚いエプロンよりも、可愛くて料理上手に見えるエプロンをつけたほうが料理も上手に作れる気になりませんか?気持ちはとても大事です♪

 

やる気がでそうな可愛いエプロンを購入してみるのも一つの手段!

⑫完璧じゃなくていい

最初から三ツ星シェフのような料理を作らなくてもいいんです。まずくてもいいんです。やってみることが大事!

 

料理の基本は薄味にして、調味料を足ていくのがコツです。

⑬料理を美味しくする調味料の比率を覚える

世の中にあるレシピは出尽くしています。当然美味しくなる調味料の比率も誰かが研究済みですよね。

 

この比率を覚えておいたら誰でも美味しく作れるという!

 

例えば肉じゃがならこんな比率

醤油:酒:砂糖:みりん
(1:1:1:1)

 

これは煮物系全般に使える黄金比。簡単ですね♪

⑭テレビで紹介されるレシピに注目してみる

普段料理に意識がない人は「へぇ~」っとしか見ていないと思います。っですぐに忘れてしまいますよね。

もし料理番組で美味しそうなレシピが紹介されたらメモを取ってみてください。

 

いざ料理を作るとき何を作るのか、どうやって作るのか?それが参考になるはずです♪

 

テレビ番組だけじゃなく、ネットで紹介されてるレシピに目を向けてみるというのもいいですね!

 

とにかく生活の中で"料理"というキーワードには敏感になりましょうということ!

⑮レトルトはやめよう

料理の醍醐味がなくなってしまいます。レトルトは温めるだけ、レンジでチンするだけで完成するので、料理の根本的な楽しい部分がスカスカになりますよね。

 

料理は食材を考えたり調味料を考えたり、試行錯誤するのも楽しみの一つです♪

まとめ

ポイントはとにかくやってみることが大事。

 

この記事を見ているということは少しでも料理好きになりたいという気持ちがあるということですよね。

 

っであれば料理が好きになるきっかけを見つけたらあなたも今日から料理好きです♪

料理好きになる15の方法まとめ

①キッチンを綺麗にする


②毎日献立を考えない


③最初は毎日作らなくてもいい


④既に美味しく調合された調味料を使う


⑤自分が好きなものを作る


⑥レシピ本じゃなくレシピサイトを見る


⑦現代だからこそ便利な調理グッズを使う


⑧食材を宅配する


⑨誰かのために作る


⑩可愛い調理器具、食器を用意する


⑪可愛いエプロンを買ってみる


⑫完璧じゃなくていい


⑬料理を美味しくする調味料の比率を覚える


⑭テレビで紹介されるレシピに注目してみる


⑮レトルトはやめよう

 


スポンサーリンク
おすすめの記事