食べて痩せる簡単ダイエット方法【おすすめベスト8】

ダイエットって辛い運動や食事制限というイメージが強くありませんか?

 

もう、想像するだけで辛い気持ちになりますよね。運動が得意じゃなかったり、食事制限が我慢できなかったりと、ダイエットの失敗例はいくつもあります。

 

でも、もし食べて痩せられる方法があったらどうでしょう?もちろん運動も必要ありません。

 

なんだか継続できそうな気がしませんか?

 

ということで今回は"食べて痩せる"をテーマにおすすめのベスト8をご紹介していきたいと思います。

 

それぞれどのような方法でどのような効果があるのか同時に見ていきましょう!

食べて痩せる理由は?

食べてるのに本当に痩せるのか?その理由は大きくわけて三つ。

 

①ストレスを感じなくなる

②間食がなくなる

③継続しやすい

 

食べるからストレスを感じることなく、食欲も満たされるから間食もなくなり、それがダイエットのように感じないから継続しやすい。

ストレスで太る原因って?

ダイエットで「ストレス」はリバウンドや太る原因。

 

これには基礎代謝が関係していて、実はストレスを感じると基礎代謝が大きく低下します。

 

ストレスを感じるとインスリンというホルモンが分泌され、血液中の中性脂肪を細胞に取り込んでしまい、それが必要以上に分泌されることで体脂肪を増やす原因を作ってしまいます。※別名ストレスホルモンとも呼ばれてる

 

つまり基礎代謝が悪くなると体脂肪が付きやすい身体になってしまうということですね。

食べて痩せるダイエット方法

いくつかご紹介するので、これならできそう!という方法を選べばいいと思います。

 

ただし、下記のダイエット方法にはそれぞれのルールがあるので要チェック。

食べて痩せるダイエット一覧

※クリックすると詳細へスクロールします。
食べて痩せるダイエット ヘルシー料理レシピ
野菜スープダイエット 長芋のとろろマヨレシピ
ゆで卵ダイエット 鶏肉のヘルシー餃子レシピ
ラーメンダイエット ノンフライ梅しそチーズささみレシピ
肉ダイエット -
食べても太らない時間帯がある -

 


野菜スープダイエット

野菜スープのメリット

・腸内環境が改善され便秘解消
・野菜の栄養で血液がサラサラになり代謝が上がる
・免疫力が上がる

野菜スープのカロリー

野菜スープの平均カロリーは一杯「90~100kcal」

三杯食べても300kcal以下なので、満腹度もあります。

一週間~二週間で5kg~8kg減量が期待値

実は野菜スープダイエットは心臓外科手術前に「短期間」で脂肪を燃焼させる方法としても用いられていて、一週間~二週間という短期間で行います。

 

短期間ならがんばれそうな気がしませんか?

いつ食べる?

一日二食がベストです。たとえば

 

・朝食(野菜スープ)
・昼食(お好きなもの)
・夕食(野菜スープ)

 

特に夕食を野菜スープに切り替えるだけで効果は高まるでしょう。

 

そして野菜スープは必ずお腹いっぱい食べるように!間食防止になります。

 

おすすめ野菜スープ
明治 まるごと野菜 スープ
大きめの野菜がたっぷり入った野菜スープ。

・完熟トマトのミネストローネ
・じっくり煮込んだポトフ
・6種野菜の鶏だし白湯スープ
・7種具材の味噌けんちん汁

食べて痩せるダイエット一覧へ戻る

ゆで卵ダイエット

■ゆで卵のカロリー

サイズ グラム カロリー
Sサイズ 50g 75kcal
Mサイズ 60g 90kcal
Lサイズ 65g 98kcal

 

「ご飯一杯=卵2.5個分」

 

ちなみに卵は生卵でも、ゆで卵でも、温泉卵でもカロリーは同じ。

ゆで卵は腹持ちがいい

ゆで卵は消化が悪くお腹にとどまる特徴があります。


胃の中にとどまる時間が長ければ、間食防止にもなります。

ゆで卵は食べれば食べるほどカロリーを消費してくれる

消化が悪いということは、胃がそれを消化しようとより活発になります。

 

その分体内エネルギーを消費するわけですから、実質ゆで卵のカロリーはさらに低くなると考えられます。

いつ食べる?

・一食二個まで
・朝食または夕食時

 

夜の飲食は脂肪が付きやすいので、夕食をゆで卵に切り替えるのは効果的です。さらに就寝までの間食防止にもなりますね。

食べて痩せるダイエット一覧へ戻る

ラーメンダイエット

※ラーメンのダイエットというより、太りにくいラーメンの食べ方としてご紹介します。

ラーメンのカロリー

ラーメン カロリー
カップヌードル 357kcal
塩ラーメン 470kcal
しょうゆラーメン 480kcal
とんこつラーメン 500kcal
味噌ラーメン 500kcal
つけ麺 660kcal

トッピングのカロリー

トッピング カロリー
背油 9g 1kcal
長ネギ 10g 3kcal
わかめ 30g 5kcal
もやし 50g 6kcal
にんにく 5g 7kcal
コーン 30g 25kcal
メンマ 50g 27kcal
煮卵 1個 90kcal
チャーシュー 50g 90kcal
バター 13g 93kcal

ラーメンの食べ方

・ラーメンはさっぱり系を選ぶ
・トッピングをヘルシーにする(長ネギ、わかめ、もやしなど)
・スープは全部飲まない

 

ラーメンのカロリー表記はスープを含めたカロリーです。スープを飲まないだけで、平均200~300kcalオフ。

食べて痩せるダイエット一覧へ戻る

肉ダイエット

お肉は脂肪を燃焼する

お肉にはL-カルニチンという成分が含まれており、脂肪を燃焼する働きがあります。

炭水化物の代わりにお肉を食べる

糖質の摂り過ぎは太る原因の一つです。

 

例えばご飯一杯で角砂糖14個分もの糖質を摂取してしまいます。

 

ダイエット中は炭水化物をやめてお肉を食べたほうが痩せやすいということ。

食べていいお肉、注意点

どんなお肉でもいいのかというとそうでもありません。条件は以下の通り。

 

・脂肪分はカットする
・糖質の多い調味料は避ける
・牛肉(ヒレ肉)、鶏肉(ささみ)がおすすめ

 

食べて痩せるダイエット一覧へ戻る

食べても太らない時間帯がある

昼間の14時~15時は食べても太らない

これは人間の「交感神経」「副交感神経」が関係してきます。

 

・交感神経
(体温が上昇し脂肪を燃やす働きがある。主に起きている時。)

 

・副交感神経
(脂肪を蓄積させる働きがある。主に眠っている時。)

 

つまりこの交感神経が最も活動しているときに食べましょうっということ。

っでその最も活動している時間帯が「昼間の14時~15時」になります。

規則正しい生活をする

日夜逆転生活を送っている方は要注意です!朝日を浴びない生活は脳が夜だと勘違いし副交感神経が働きます。

 

副交感神経が働くと脂肪が蓄積されやすくなり、夜働いてる人にとっての昼食はかなり危険!

 

早寝早起きで、規則正しい生活をし、昼食は12時から14時~15時にずらすだけでダイエットになります。

食べて痩せるダイエット一覧へ戻る

ヘルシー料理のレシピ

過去、当サイトで紹介したヘルシーレシピです。

 

ダイエット仕様に少し工夫したヘルシー料理なので、ダイエット中の方にはおすすめです♪

長芋のとろろマヨレシピ

【材料】
長芋 140g~160g
溶き卵 1個
ねぎ 適量
【調味料・隠し味】
めんつゆ※醤油でも可 大さじ1
カロリーハーフのマヨネーズ 適量

 

作り方

①長芋を耐熱皿にすりおろす。


②すりおろしたとろろに、溶き卵を入れて、めんつゆ大さじ1を混ぜ合わせる。


③上からマヨネーズを軽くかける。


④オーブントースターで5分程度あたためる。


⑤ネギをおいたら完成♪

 

※このレシピを詳しく見てみる

食べて痩せるダイエット一覧へ戻る

鶏肉のヘルシー餃子レシピ

【材料】
鶏もも挽き肉 200g~300g
白ネギ みじん切り(分量はお好み)
タケノコ みじん切り(分量はお好み)
しいたけ みじん切り(分量はお好み)
【調味料・隠し味】
醤油 小さじ1
塩胡椒 少々
ごま油 少々
鶏がらスープ 50ml

 

作り方

①白ネギ、タケノコ、しいたけをみじん切りにしてボウルに入れておく。


②鶏もも挽き肉に、塩胡椒、醤油、少々加えて味付け。


③さらに酒と鶏がらスープを加えてよくかき混ぜる。


④野菜類とひき肉をよく混ぜ合わせる。


⑤餃子の皮にスプーン一杯分程度の肉を乗せたら、縁に水をつけてひだをつけながら包んでいく。


⑥ごま油を敷いたフライパンに包んだ餃子を乗せて、強火で軽く焼き色がつくまで焼く。


⑦焼き色がついたら100CC程度の水を全体的に回しかけ蓋をして中火で5分焼く。


⑧水分が完全になくなったら焼き色をつけた面をカラっとするまで焼いて完成♪

 

食べて痩せるダイエット一覧へ戻る

ノンフライ梅しそチーズささみレシピ

  【材料】
 ささみ  5本
 とろけるチーズ  1枚
 しそ  5枚
 梅干し  5個
 パン粉  適量
  【調味料・隠し味】
 マヨネーズ  適量

 

作り方

①ささみを包丁で叩く。(柔らかくする)


②チーズ、しそ、梅干しをのせる。


③ささみを巻いていく。


④マヨネーズを全体的につけたらパン粉をつけて焼く。


⑤表面がキツネ色になったらひっくり返して全体的に焼く。


⑥最後にフタをして弱火で蒸し焼きに。火を通したら完成♪

 

※このレシピを【画像付き】で詳しく見てみる

食べて痩せるダイエット一覧へ戻る

まとめ

今回紹介したダイエットまとめ

ヘルシーレシピ

・長芋のとろろマヨレシピ

・鶏肉のヘルシー餃子レシピ

・ノンフライ梅しそチーズささみレシピ

野菜スープダイエットを試してみたところ確かに短期間で体重は減りました。

3日ぐらいで効果が現れ、一週間後には少し体系が変わる程度。体重は3~4kg減でどうやら個人差があるようですね。

 

とにかく早く痩せたい人にはおすすめのダイエットですよ♪

自分のスタイルに合ったダイエットを選んで無理せず正しく痩せましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう